コール課金型と成功報酬型、どちらがお得?

“営業代行サービスの一つにテレアポ営業代行サービスがあります。
電話勧誘により個人や企業を対象に、アポイントメントを取り付けたり、セミナーの案内、販売商品の案内などを代行します。
そしてテレアポ営業代行サービスの料金体系には、コール課金型と成功報酬型があります。
コール課金型とは、コールスタッフが電話をかける毎に料金が発生します。
テレアポにより成果があがったかどうかは無関係な為、契約した1コール当たりの料金以外は発生しません。
メリットとデメリットについては例えば実績があり、ある程度成果が期待できる商材を販売する場合にはどれだけ売れても代行会社に支払う料金が変わらない為、安くすみます。
一方、販売するのが容易ではない商材の場合はコール数が増える為、結果的に支払う料金が高くなってしまう場合があります。
成功報酬型とは、コール数は関係なく例えばアポイントメント1件につき1万円というように成果があがれば料金が発生します。
メリットは成果が上がらなければ料金が発生しない点ではリスクが低いと言えます。
デメリットとしては販売が難しい商材の場合は一件あたりの成功報酬が高めに設定されてしまい割高になってしまう場合があります。
このように2つの料金体系ともそれぞれ良い面、悪い面があります。
どちらがお得かについては、どのようなことを代行してもらうかにより異なります。
ケースバイケースで料金体系を選択していくのが得策と言えます。”

コール課金型と成功報酬型、それぞれの特徴を比較

“営業代行業務を手掛ける会社が有ります。
営業代行と言うのは、企業内の営業業務を代行し、業績を向上させてくれるもので、営業力をアップしたい企業などが営業代行会社に依頼をし、一定期間の中で業績アップを目指す目的で利用をするのです。

営業代行の報酬というのはコール課金型、成功報酬型の2つが有ります。

コール課金型というのは、コールスタッフが1度電話をする度に費用が発生するのもので、営業代行の会社の大半がこの料金形態で業務を請け負っています。
尚、コールスタッフが電話をする回数を1回にしているところもあれば、3回にしている会社もあります。
例えば、1コールであれば100円、3コールになった時に300円と言った形にしてあるのが特徴です。
但し、電話によるアポイントメントなど、受付がNGの場合、相手が不在の場合も1回としてカウントされると言う特徴も有ります。

一方、成功報酬型は成功した時に料金が発生するものです。
成功した時というのは、電話をした時にアポイントメントが1件とれたら幾らと言った形になるものです。
しかし、100件電話をしたけれどもアポイントがゼロになった場合は費用も発生しないのです。

どちらを選ぶのかは会社の中で決める事になりますが、成功報酬の場合は1件のアポイントメント獲得で1万円から1万5千円が料金相場と言われており、一見リスクが低く見えるものの、成功報酬の方が1件あたりの報酬額は割高になると言われています。

営業代行で多いトラブルとは

“営業代行は営業という会社に必須の業務をアウトソーシングするものです。
これを利用することによって営業という業務に対して支払うコストを大きく削減することが可能です。
最近だとより柔軟な経営を実現するために営業代行を利用するという会社がかなり増えてきており、これは日本全体に見られる動きとなってきました。
さて、しかしそうしたサービスを利用する際には常にトラブルに関して注意をしていなくてはなりません。
では営業代行でありがちなトラブルとはどういったものかというと、まず最初に注意したいのが「費用の問題」です。
営業代行を利用する際の費用の計算に関しては大きく分けて二種類あり、「成果報酬型」と「固定報酬型」があります。
固定報酬型は事前に決まった費用を支払うもの、成果報酬型は成約に至った商談の件数などをベースとして費用が算出されます。
それぞれによって費用の算出方法が違うため、「費用に応じた成果が無い」、「成果が多いが費用が高額過ぎる」といったような想定外の事態に発展することが少なくありません。
こうなると営業代行を利用したことを後悔してしまうこともあります。
また同様に「勤務の実態が無かった」というようなトラブルも少なからず報告されています。
これは特に悪質なものであり、支払った費用が全て無意味だったものになりかねません。
これについては成果報酬型のサービスを利用することでリスクを減らすことができますから、いままで利用したことのない業者を利用するというような場合には、なるべく成果報酬型で契約をするようにするとよいでしょう。
営業代行は美味く活用することができれば非常に有用なサービスとなってくれますが、有効活用をできるかどうかということに関してはそれぞれの人や企業の知識と考え方にかかっています。
利用に際して余計なリスクを抱え込んでしまわないよう、契約の際にはしっかりと業者を吟味するように心がけましょう。”